神奈川県鎌倉市にある大平山丸山町内会のホームページです

活動の様子



活動の様子 平成31年/令和元年度(2019年度)


第39回おしゃべり会が

2019年12月19日(木)に

開かれました。

(スタッフのお孫さんが作成) 
 
12月19日(木)、曇り空の師走らしい寒さのもと、暖かな町内会館に今回は39名の方がお申込みくださいました。
    
初めに町内会長毛利さまから、来年2月以降の教養講座のご案内がありました。毛利さまご自身も6月には講師としてお話しになるそうです。学びの場、交流の場が設けられれば外出する機会も増えると思います。
 
12月より新しく民生委員児童委員となられた渡邊さま(7~9ブロック担当)、川戸さま(10~12ブロック担当)のご紹介があり、お二人はそれぞれ自己紹介をされました。
 今回惜しくも退任される内藤さま、中村さまからも退任のご挨拶がありました。長い間、町内の福祉のために尽くされたお二人に拍手が送られました。 
そしていよいよ楽しみのお弁当です。今回は西鎌倉のパイニイの六彩弁当です。ご飯とお惣菜のバランスもよく、美味しかったです。デザートはみかん、湯本さま(8B)からの差し入れのラスクも並べられました。
一段落した13時、今回の出し物のギターの弾き語り、稲生ノッペさんの登場です。ノッペさんは現在鎌倉山在住で、大学在学中のフォークソングブームの時代以来、数々のテレビ、ラジオ番組に出演されています。「カントリー・ロード」「風に吹かれて」「パフ」など聞き覚えのあるアメリカのフォークソングのあとは、「白いブランコ」。ビリーバンバンは友人でもあるそう。そして、『いろいろあるけど今日が一番だ』、と教えてくれる「トゥデイ」は絶唱でした。
 
また「若者たち」「峠の我が家」も素晴らしい。アメリカの州歌には素敵な歌が多い、「カントリー・ロード」はウェストバージニア州の州歌だったし、「峠の我が家」はカンザス州の州歌とか。柔らかな歌声の合間にいろいろの知識も披露されました。(ある参加者の意見「誰も知らない神奈川県民歌とは大違い。」)
そしてお奨めのクリスマスの曲を3曲、皆でノッペさんの伴奏で歌いました。ここでノッペさん、クリスマスだけどサンタさんは来るの?とひとこと。間仕切りが開いてサンタさん(民生委員児童委員宮田さま)が手を上げ、大きな袋を担いで登場。
  
 
 お一人お一人に可愛い袋入りのプレゼントが手渡されました。のちほど開けて見たところ、お菓子とほのぼのとした絵が描かれたクリスマスカードが入っていました。
望月さま(11C)のお手製の絵葉書でした。望月さま今年もありがとうございました。このカードで誰に手紙を書こうかしらと思いました。そしてフィナーレとなる、「きよしこの夜」の美声が会館に響きました。アンコールの声があがり、ノッペさんは日本の歌の中でも一番好きな歌とおっしゃる「ふるさと」を唱和しました。本当に詩が美しい歌だとあらためて思いました。 
     
 
  
 
今年もあと10日あまり。
心身ともに暖かな気持ちになったおしゃべり会の最後に
被害を聞かない日はないくらいの
振り込め詐欺・特殊詐欺についての注意を聞きながら、
閉会となりました。
「こんな楽しい会なら毎回参加すればよかった」
という嬉しいご感想をいただき、
スタッフ一同、喜んでいただけたことに感謝しました。
皆様、お疲れ様でした。
そして、

どうぞよいお年をお迎えください


次回おしゃべり会は来年3月下旬、「お花見」です。
乞うご期待







第38回おしゃべり会が

2019年9月26日(木)に

開かれました。
 
ことさら暑かった夏も終わり、今朝は空いっぱいの鰯雲でした。
第38回おしゃべり会が町内会長様を始め約40名の町内の方々が集まり町内会館で開催されました。
崎陽軒のお弁当「秋」のいかにも季節感いっぱいのお料理に舌つづみを打った後、湘南鎌倉総合病院リハビリテーション科室長、理学療法士の根本敬先生の「お家でできる腰痛体操」の講演に熱心に耳を傾けました。腰痛に悩んでいる人も悩みそうな人も参加されました。   
   
     
「一生のうち、一度も腰痛を経験しない人はいない」と言われているくらい腰痛は有訴者率の高い症状だそうです。「話の腰を折る」「腰の強い麺」「へっぴり腰」と日頃から腰は人間の要であり、また人の話にも上ります。
「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「圧迫骨折」と私たちがよく耳にする病気について、図を示されながら医学的な説明がなされました。
 
腰痛の歴史については興味深いお話が披露されました。奈良時代の私たちが歴史で習った大宝律令の養老令には「あんま」が記載されているのだそうです。また平安時代の日本最古の医学書「医心方」には湿布が登場するのだそうです。産業革命によって人間の労働は軽減され、それによって腰痛は増加、ということらしいのです。
「筋肉が凝る」という表現は夏目漱石の造語であるとか。農耕民族である日本人は前屈みの姿勢を長時間強いられてきたので腰痛になりやすいということも言われました。また、腰痛の原因にはストレスがかなり関わっているというお話も驚くようなことでした。やはりゆったりとした精神生活はあらゆる病気を寄せ付けないということでしょうか。なかなか難しいことですが。
さて対応法は?
①安静 ②筋力増強トレーニング ③ストレッチ ④生活リズムの調整 ⑤コルセット 手術 etc.
猫背も反り過ぎもNO! 腰の骨を立てて体を支えるのがベストだそうです。
さまざまなストレッチをお教えくださり、実際に体を動かして覚えました。
スクワットについても一番効果的なのは腰を反らしてお尻をだし、腰をまげるのがよいのだそうです。先生のお嬢様のスタイルが画面に示され納得でした。
 最後に先生が大切にされている言葉をご披露くださいました。
   「自分は、きっと想像以上だ。」
  是非心掛けたいものです。根本先生ありがとうございました。
 
 助け合いの会の皆様、ご協力ありがとうございました。
 
 <会場の様子
  
  
 
 

このページの最初へ
2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度